今日も独りで立ち話

思ったことをそのまま書き連ねるブログ。

妄想文

冬に一人で食べる牛丼の味は、いつもより塩辛い。

松子はいい女だ。 目を見張るほどの美人というわけではないが、そこそこ顔も整っているし 何より愛嬌があって笑顔がまぶしい。 彼女はボクがあまりお金を持っていないことに不満を言うこともなかったし 特別なことをしなくても、そばにいて笑いあえるだけで…