読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も独りで立ち話

思ったことをそのまま書き連ねるブログ。

ヤンジャン(No.8)感想

ヤンジャン感想

今週のヤングジャンプ感想

 キングダム

 

今週は準備期間だから司馬尚のくだり以外は特に盛り上がるところはなし。

しいて言えば、いつも余裕のしたり顔の李牧が策に気づいてちょっと焦ってるのは良かった。

合掌軍のときは王翦にいいようにやられて見せ場が全くなかったオルドさんが、ちゃんとそれなりに有能なことがわかってよかったです。

西に気が向いてる隙に東から攻めるのは理に適ってるけど、正直せこいw

 

新キャラとして最後の三大天になるであろう司馬尚がお披露目。

この時代の話は横山光輝史記を読んだくらいだけど、司馬尚という人物は正直全く記憶がない。どんな人だったんだろ。

後ろ姿からは「面倒くさがりだけど、有能な将軍」オーラがあふれてます。

人物のタイプ的には結構桓騎に近そう。

 

 ゴールデンカムイ

 

お銀をひたすら推す姿勢に笑ってしまった。

一緒にやる? → 賭場荒らしの件ですよね?

のくだりはおもわずにやけてしまった。

マムシに咬まれて大騒ぎする白石とそんな白石をあしらう一行の温度差はギャグとしてかなり面白かった。

 

BUNGO

 

吉見の話を引っ張りすぎえて、2年間月日を飛ばしてからパワーダウンしてたけど、今週でますます何をしたいかわからなくなってきた。非常に悪い意味で。

 

BUNGOの魅力は主人公の石浜文吾が不器用ながら愚直に野球に取り組んでいく成長ストーリーだと思っていました。

2年前の時点でほとんど印象がなかった鮎川弟をライバルに据えたいのはわかるんですが、いかんせん鮎川弟に魅力が感じられません。

マコトを巡ったドロドロ恋愛を絡めるくらいなら、2年前の吉見のくだりをもう少し削って、書くべきことがたくさんあった気がしてならないです。

 

 かぐや様は告らせたい

 

今週の話は文句ないです。

藤原書記メインのストーリーのほうが面白いですね。

かぐやと違って白銀に気を使わずに行動できるので、絡みの幅が広いせいでしょうか。

藤原書記も非常にかわいいキャラクターなので、個人的にはかぐや白銀コンビよりも見てて癒されます。

 リクドウ

ボクシング漫画としても面白いんですが、試合してないときの日常メインの話の方が好みなので、ボクシングが始まるとやや退屈に感じてしまう。

兵藤戦は面白かったんですけど、最近はリクの強さも広まってしまって淡々と進行しているので、試合自体にあまりメリハリがないせいかも。

 

 干物妹うまるちゃん

 

良くも悪くも最近のうまるちゃんって感じです。アニメ化前後から妹可愛い、お兄ちゃん大好きマンガになってしまっているので、早く初期のころのクズ妹路線を復活させてほしい。

 

 嘘食い

 

ハンカチ落としのギミックそのものを理解できていないので、このゲームのどこが面白いんだろうかって感じです。あとあとわかってくるのかな。

今週は獏さんが敗北して、心理的なブラフの応酬だけでした。

お屋形様も指摘してたけど、虚弱な獏さんは臨死して大丈夫なんだろうか。