今日も独りで立ち話

思ったことをそのまま書き連ねるブログ。

ファイアーエムブレムヒーローズ始めてみました

任天堂の大人気シリーズであるファイアーエムブレムスマホ版がリリースされました

タイトル「ファイアーエムブレムヒーローズ(FEH)」!!!

 

 

自分は新暗黒竜、新紋章、封印、烈火を

かるーーーく1,2週クリアした程度のファンなので

ガチ勢には到底及ばないんですが、それなりにキャラに愛着を持ってます

 

 

ということで、今後ゆるーく遊ぶつもりで早速ダウンロードして遊んでいます

 

ちなみにリセマラは★5ロイで妥協しました

 声優の大本眞基子さんが好きなので

なんとか★5リンを引きたい・・・

 

 

FEシリーズとは

 

ファイアーエムブレム(FE)はシミュレーションロールプレイングゲーム(SRPG)です

ゲームシステムとしては、将棋に近いんですが

将棋の駒にそえぞれキャラクターや個性がある感じのやつですね

 

ただ将棋とは違って、1度死んだキャラクターはもう2度と復活しない、という

シビアなゲームシステムを採用しているため

キャラクターを1人も失わないようにするために戦闘にはいつも緊張感があります

 

キャラクターの成長も確率に基づいたランダム成長なので

ガチ勢はいい成長が引けるまで何度もリセットを繰り返していたと聞きます

 

FEシリーズでは構広い広大なマップを

少数 vs 多数

多数 vs 多数 

など、戦力差があるなかで戦略を駆使して敵を打ち破っていくのが楽しいところです

 

またマップには様々な地形があり

森は回避率が上昇

海は飛行ユニットじゃないと進入できない

城は防御能力上昇

 

など、特殊な効果を戦略に組み込むことで

実力的には上手な相手にも善戦したりすることができます

 

 

戦闘のパラメータとして

回避率や必殺率があり

80%の攻撃を外して悶絶したり

1%の必殺を引かれてキャラが死んでしまったり

 

確率に苦しんだ既プレイヤーも多かったのではないかと思います

 

FEHの特徴

 

過去のFEシリーズキャラクターが勢ぞろいした今作

イラストやボイスもついて、ファンにはたまらない作品です

 

マップ上のキャラクターもコミカルで可愛いですし

操作感も直感的で動かしやすいです

 

従来との違い

今作は8×6マスの比較的小さいマップが舞台となります

回避率・必殺率はありません(攻撃は必中)

上で述べた地形の効果はありません

出撃は最大4人

キャラクターが死んでもロストしません

武器防具はありません(全てスキル扱い)

三すくみは存在しますが、従来のものとは概念が異なる

 

という感じですね

 

キャラクターが死なないのは嬉しいような、悲しいような感じですが

せっかく育てたキャラが死んでも、リセットにもゲームオーバーにもならない

ソシャゲだと仕方ないのかもしれませんね

 

 

プレイした感想

 

結構楽しいです。

が、従来のFEのような緊迫感はあまりありません

レアリティの高いキャラがいれば無双できちゃいますからね

(昔のもできると言えばできますが…)

 

難易度は持っているキャラクターによります

きちんとリセマラをして★5がいると、かなり楽に進めます

 

序盤は3すくみを無視したパワープレイでごり押しできるんですが

だんだん3すくみを意識しないと勝てない場面がでてきて辛いです

 

ガチャは★5が連続して出ないと、出現確率があがるという割と良心的なシステムの

おかげで、★5が全くでないってことはないんですが、ガチャを引くための石の入手が大変ですね

 

リアルマネーを使おうと思っても、石の値段は結構割高です…

 

 

音楽は過去作で使われたものを使っているので

あーこんなことあったなあ、と感傷に浸るとともにテンションも上がります

ボイスも結構イメージにあってるので、プレイしてて声を聴くのも1つの楽しみです

 

成長もランダム要素があるので、粘れませんがいっぱいあがると嬉しいですね

 

 

無課金でも割と遊べるゲームなので、FEをプレイしたことがある人はやってみてもいいと思います

 

 

広告を非表示にする