今日も独りで立ち話

思ったことをそのまま書き連ねるブログ。

【実録】駿台予備校の寮生活

縁起でもない話ですが、田舎に暮らしていて浪人しようと思うけど

予備校の実態がわからないという人向けに自分の経験を思い出しながら書くことにしました

 

結果的に自分は浪人しても志望校には届かなかったのですが

生活の様子やシステム、僕の失敗なんかを反面教師にしてもらえればなあと思います

 

ちなみに料金などは忘れてしまったので、そのあたりは資料請求してください

 

 目次

 

 

 

 

 

 

始まり

 

 

僕は現役のときは某旧帝大に36点足りず不合格でした

どうしても諦めきれなかった僕は親に頼み込んで浪人をしようと考えました

 

 

といっても、僕の住んでいたところは田舎なので予備校と名のつくところは

東進衛星予備校しかありません

 

現役の時は東進に通っていたので、授業料は高いものの授業の内容が良いのは知っていました

 

ただ、だれる気しかしなかったので実家から離れた場所で浪人生活をしたいと思って

駿台予備校の京都校で浪人をすることを決意しました

 

【補足】

 

九州には北九州予備校という予備校があり、九州内の進学校なら格安で入学できる

しかし、北予備の方針は自主的に勉強を大量にさせる、というもので

講師の質としては特に難関大学の対策ができるわけではない、といううわさがあった

 

そのため北予備に行くのは

国公立に行ければいい人

医学部志望で自分で勉強できる人

が多い

 

自分は勉強量が足りないタイプだったので、実は北予備の方があっていたのかもしれないが

駿台というブランドにすがりにいき、何か特別なことをすれば合格するのではないか、と横着な心があったのも事実である

 

ただ駿台での経験は人生の中でも非常に良い経験をしたと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駿台の寮

 

遠方から来ている生徒は京都の百万遍にある寮で1年間を過ごすことになります

この寮は元々ビジネスホテルだったものを駿台が買い取って寮にしているらしく

非常に古く最低限の設備しかありません

 

僕が暮らしていた部屋は

床面積が6畳で

ベッドと本棚と勉強机

ユニットバス/トイレ

シンク

ベランダ

だけの部屋です

 

6畳と言ってもベットと机があるので、実質的な自由なスペースは1畳分のベランダへの道だけでした

 

まさに受験勉強のための部屋!という感じです

家賃は4万円くらいだった気がします

割と高めです

 

百万遍京都大学の真横にあり、毎日楽しそうに大学へと向かう京大生を横目に

二条にある駿台京都校へと自転車で約15分かけて通っていました

 

嫉妬心と熱意を燃やしながら

 

「自分も志望校に受かるんだ!」

 

と皆決心したのを覚えています

 

 

ちなみに平日は朝晩のご飯つきだったので、栄養面についてばっちりでした

洗濯はコインランドリーで洗って、部屋のベランダか寮の屋上で干します

掃除は掃除機を貸し出してもらえるので、簡単に掃除できます(と言っても、部屋が非常に狭いので掃除するところなんてほとんどないんですが)

 

だから生活は普通にできますし、プライベートも普通にあります

 

 

息抜きに友達の部屋に行ってしゃべったり、まあなんというか普通の寮生活でした

多分、高校が寮生活の人はこんな感じで過ごしてたのかな?

 

 

 

 

駿台のシステム

 

 

 

 

駿台はどういうシステムで授業が行われるかというと

 

・通年授業(4~7月、9~12月)

・夏期講習(8月)

・冬期・直前講習(12月、1月~直前)

 

の3つで構成されていて

駿台に入学して普通に受けるのが通年授業

休暇期間中に別途でお金を払って受講する講習

という区分です

 

また最初に駿台模試を受けて成績に応じてクラス分けを行います

東大理系/文系

京大理系/文系

難関国公立理系/文系

国公立理系/文系

医歯薬系

難関私立

私立

 

といった感じです

 

基本的に理系と文系で隔たれていて

同じ理系なら東大コースでも京大コースでも同じ授業を受けます

 

科目の一部に東大専用・京大専用の授業があるので

そのときだけ別れる感じですね

 

そして夏休み終わりに再度、駿台模試を受験しクラス分けを行います

 

模試は全員参加必須の駿台模試以外は任意性です

東大/京大コースには東大/京大実戦模試のアナウンスをしてはくれますが

受験するのは個人の自由なので、申し込みを忘れると受験できません

 

ちなみに河合塾の東大/京大オープンも個人で申し込めば受験できます

駿台の職員も一応受けとけば?みたいな感じの態度です笑)

 

また各クラスに担任がおり、模試の申し込みなどはその人に提出することになります

 

高校と違ってセンター試験や志望校への願書はすべて自分で提出します

期日が遅れたら、その時点でアウトです

 

駿台の担任がサポートするのは

あくまで志望校合格のための勉強であって、そのほかのところはすべて自己責任です

 

自分も締切を勘違いしていて、危うく願書を提出し忘れそうになって焦りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駿台の授業の雰囲気

 

 

「大学と高校の中間」

というのがぴったりだと思っています

 

どこまでいっても自主責任というのが根底に流れているのを感じます

 

 

というのも

一応授業は1コマから6コマの間に、カリキュラムに応じて授業があります

出席は取ったり取らなかったりですが、授業に出席しないからと言って怒られることはありません

 

英語の授業はもういいから、数学の勉強をしたいと言って

こそっと自習室で別のことをしてても構いません

 

 

基本的に1授業に1講師です

ですので、同じ数学の先生でも別の授業の質問を持っていったら答えてくれないことがあります

 

それはその授業を受け持っている講師が、どう教えているかわからないので

迂闊に質問に答えることで、相手の講師と異なる見解を示してしまう可能性があるからのようです

 

「○○先生の授業でこう言ってたんですけど」

 

という感じで質問すると

 

「じゃあ、○○先生に質問してや」

 

と、恐ろしく冷たい態度であしらわれることもあります

 

もちろん熱心な講師なら懇切丁寧に教えてくれますが

基本的に授業をまたいだ質問はタブーです

駿台の講師はその科目を専門にして、給料をもらって

いるので当然授業内容や、テキスト作成に絶対の自信を持っているわけです

 

また講師陣はみんなすごいのですが、高校と違って生徒個人への興味はありません

 

高校なら何年何組の誰々みたいなことを少しは覚えてくれていますが

駿台の講師は、授業とその内容を通じてしか関わることはありません(個人的に仲良くなった場合は別ですが)

 

授業をする側と受ける側の関係以上でも以下でもないんですね

 

 

先ほど少し話しましたが、質問をするときは

 

可能な限り単純化する

 

ことが求められます

 

 

講師はいろいろなクラスの授業を受け持っていて

人によっては午前中は京都で、午後は大阪で授業なんてこともあります

 

そのため、講師が1人の生徒に使える時間は非常に短いのです

 

ですので、漠然とした感じで質問すると

 

「もう少し考えてから来てね」

 

と、途中で打ち切れらてしまいます(これもやっぱり個人差があります)

 

 

 

授業内容は

大学受験に必要なことだけ教える人も

その先を見据えて教える人も

自分の考えをひたすら話す人もいて

 

多種多様です

 

特に英語は個人の趣向がもろにでていて面白かったですね

今の自分の英語力の大部分は、浪人時代にすべて培ったものだと言っても過言ではありません

 

こうした多様性が非常に刺激的で、授業を聞くのは非常に楽しかったです

 

自分に必要な講師の説明を取捨選択するもよし、全員分吸収するもよし

そういうむき出しの個性が大学っぽさを醸し出していたんでしょうね

 

 

 

 

 

 

 

浪人生の生活

 

ここからは実際、自分がどんな生活を送ってきたかというのを書いていきます

 

3月末から寮で過ごしていて、人見知りだった僕はぼっちにならないかすごく不安でした

 

みんなご飯の時に話しかけたり、洗濯機があるランドリーで話しかけたりして

友達を増やしていきます

 

幸い自分も気の合う友達ができ、浪人時代は実はぼっちではありませんでした

 

 

同じ浪人生と言っても

出身も

志望大学も

学力も

価値観も

なにもかもすべて違っていて

 

昔ながらの「大学生」みたいなオーラがありました

 

浪人時代は受験の話よりも

政治や経済、哲学や宗教の話をしている時間の方が長かったように思います

 

自分よりもうんと賢い友達とそういう話をするのは楽しかったです

彼らは受験勉強の息抜きにそういう話をしていたのですが、僕は受験勉強そっちのけでやってたのが良くなかったんでしょうね

 

 

寮では平日は朝晩にご飯が出るのですが、土日は自分で賄わないといけないので

友達とよくご飯を食べに行っていました

 

 

他にも

町に出て本を探したり

京都市内を自転車で観光したり

京都名物を買いに行ったり

 

割と京都を満喫していました

 

良くも悪くも自由だったので、自制心が何よりも必要でした

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ浪人が失敗したか?

 

 すごく当たり前で端的な理由なんですけど

 

勉強しなかった

 

ことが原因です

 

 

授業には真面目にでいましたし、予習や復習もそこそこやっていました

 

ただ振り返ってみると、それは駿台のカリキュラムをこなしていただけで

自分の実力が伸びるような、自分の頭で考えて、知識を血肉にしていくような努力が絶望的に足りていなかったと思います

 

 

要は自習して知識を頭に叩き込んでいくプロセスが圧倒的に欠如していました

 

最初の方にも書きましたが、駿台のカリキュラムをこなしているから大丈夫だと安心してしまったわけです

 

また悪いことに、成績はそこそこ良かったんですよね

 

京都校で真ん中より上くらいで、合格実績から行けば志望校にはぎりぎり受かる順位

そして冬の京大オープンでたまたま冊子に名前が載ってしまったために

 

僕は完全に天狗になってしまい、そのあとの二次対策の密度が露骨に減りました

冷静に考えれば、成績的にはボーダーラインなのだからサボれば落ちるに決まっています

 

ただ当時はプライドだけが肥大化して、そのことに気づいていませんでした

 

 

センター試験は87%でまずまずの結果

二次に加点される科目だけなら9割を超えていたのも悪かったですね

 

 

 

二次試験後の手ごたえとしてはぎりぎりかどうか

という感じだったのですが、その日の夜に数学の最初に小学生レベルの計算間違いをしていることに気づき、嫌な予感がしました

 

 

落ちている気はしていたけれども、突きつけられるとやっぱりショックでした

 

あれほど入りたくて浪人までしたのに不合格という現実

 

寮の友達や同じクラスの人は、駿台に合格報告をして

大学進学後の夢や新居の話をしている

 

なぜもっと頑張れなかったのか

どうしてサボってしまったのか

 

意味のない自問自答を繰り返し

中期、後期と受験して、結局志望校には入ることはできませんでした

 

思えば自分の人生で唯一欲したのが、その志望校の合格だったのに

それをあと一歩というところで逃してしまいました

 

 

得点開示を見てみると、14点足りておらず

数学の序盤の計算ミスさえなければ、合格だったのかもしれないですし

14点という差はひっくり返らなかったかもしれません

 

ただ駿台での1年間は

うまくなじめなかった高校時代の青春を取り戻せた感じがして

その点に関しては非常に良かったです

 

人生が楽しいってこういうことを言うんだなあってしみじみと感動しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浪人生に伝えたいこと

 

月並みな言葉になりますが

 

浪人の1年だけはやりたいことを我慢して勉強すること

 

勉強とは授業を受けるのではなくて、能動的に問題を解いて自分の知識としていくこと

 

模試の結果はそのときの結果であって、自分の実力だと鵜呑みにしないこと

 

自分のように、浪人の結果を後悔しないような人生にしてください

 

 

 

 

 

 

 

その後の話

 

 

その後は仮面浪人を試みるも惨敗

 

大学ではうまくなじめず、挨拶を交わす程度の知りあいしかできなかった

これは自分がコミュ障なせいだけど、結局友人はできなかった

 

 

じゃあ大学院で行けばいいじゃんって話なんですが

 

メンタルが折れていた自分は自堕落な生活を送ってしまい

大学に入るとより勉強しない人間になっていました

 

 

受験しようかなって思った時には手遅れで

勉強内容がかい離していて、とても挽回できる状況ではなく

そのまま内部進学しました

 

 

ただ研究室には非常に恵まれて、自分の人生にとっては

この選択肢で結果的に良かったな、とも思っています

 

 

行きたかった大学でキャンパスライフを送る夢は叶いませんでしたが

できる研究者になる、という夢に向かって今は頑張っているところです

 

 

長年の怠け癖はいまだに抜け切れていませんが

また後悔しないように、前進していきたいと思います