読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も独りで立ち話

思ったことをそのまま書き連ねるブログ。

爪やすりと爪磨き

最近は伸びてきた爪をやすりで削っている。

 

女性がやすりで爪を削る話はよく聞くが

こういう行動は男の人はやっているものなのかはわからない。

 

といっても、僕は最近まで爪やすりどころか、爪切りすら使っていなかった。

 

なぜなら使う必要がなかったからである。

 

 

普通に生きていれば爪は伸びるし、切るのが当たり前なのだけれども

僕の場合はある癖のせいでそんなものとは無縁だった。

 

 

爪噛み癖である。

 

 

幼少時からこの癖が抜けなかった。爪を噛むようになった理由はよく覚えてはいないけど、物心ついたときには爪を噛んでいた。

 

イライラしたとき、さびしいとき、特になんでもないとき。

 

感情が揺れて心が不安定になったときだけでなく、ただ手持無沙汰になったというだけでも噛んでいた。

 

 

そのせいで僕の爪はいつもがたがたで、非常に短く爪の白い部分は存在していなかった。

長さの平均としては指先から5 mmくらい指の肉があって爪の先端にたどり着く、それくらいの長さだった。最も短い指では指の半分くらいしか爪がなかった。

 

 

昔はアトピー性皮膚炎の症状がひどかったから、深爪にしておく方が好都合だったのもある。

爪が長いとひっかき傷が深くなるし、皮膚が爪の中にたまって汚くなるのも嫌だった。

 

 

そういう様々な要因が折り重なって、爪噛み癖は抜けていなかったのだ。

 

 

高校生になってアトピー性皮膚炎の症状が和らぎ、深爪にする必要がなくなっても一向に爪を噛む癖が抜けなくて、恥ずかしさでまた爪を噛む、そんな循環がついこの間まで続いていた。

 

 

爪を噛む癖を辞めようと思ったのは、だいたい研究室に入ってからである。

別に研究室である必要性はないんだけど、環境が大きく変わるのを機に決心したというわけだ。

 

 

初めは凄くつらかった。

気を抜いたら爪を噛んでしまって、せっかく伸びた爪がまた深爪になってしまっていた。

噛むことを我慢できなくてなかなか進歩がなかったので、右手の人差し指と中指に生贄になってもらった。

この2本は好きなだけ爪を噛むことにして、残りの指を守ることにした。

 

そのおかげで残りの8本は多少爪を伸ばすことができた。

 

 

ただ爪噛み癖は頻度は減ったものの治ってはいなかった。

そこで思いついたのが爪を磨くことだった。

 

 

 

 

Nail de Dance ダイアモンド3WAYファイル 1本入

Nail de Dance ダイアモンド3WAYファイル 1本入

 

 

このNail de danceの爪磨きを購入し、噛みたくなったら磨くことにした。

 

これ自体は多少耐久性に問題があるものの、すごくきれいに爪を磨くことができた。何もつけていないのにぴかぴか光る爪を見て満足できた。

 

爪磨きにはまってからは、丹念に磨いた作品を壊してしまうように思えて

噛みたいと思っても、この爪の輝きが防波堤になってくれた。

 

そうして少しずつ癖が抜けていき、今では日常的に噛まないと仕方がない、という状況からは脱することができた。

 

 

すると今度は別の問題が生じてくる

爪切りがないから、爪を短くできないのだ。

 

まあそれは「爪切り買えよ」で済む話なんだけど、せっかく意識高く爪を磨いたのに爪切りで無機質に切るのもなんだかなあと思って、やすりを購入することにしたのだ。

 

美しいガラスの爪やすり。

どうせなら道具もきれいなものにしようと思って、良く考えずにガラス製のものを購入した。

 

ガラスやすりの良いところは削った爪の断面がつるつるとして気持ちいいところだろう。

 

爪切りのように爪の横側も角ばらないし、現状は満足している。

 

 

洗うのも水洗いで簡単だし、割りさえしなければ半永久的に使える(らしい)ところも魅力だ。

 

 

これからも爪を噛むのを我慢しながら、せっせと爪の手入れをする日々が待っている。

 

これも一種の自己啓発に含まれるんだろうか?

広告を非表示にする