読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も独りで立ち話

思ったことをそのまま書き連ねるブログ。

【発達障害】 ADHDの検査を受けてきた【WAIS-3】

f:id:tachibanashin:20170512015417j:plain

ブログをやっている人は鬱・発達障害アスペルガーなど

いわゆる精神的な病を患っている人が多い気がしている

 

 

普通の人間関係になじめなくても、ネットにはたくさんの人がいるから

どこかに自分と仲良くなれる人はいるだろう、そういう気持ちもあってブログを始めている人が多いのかもしれない

知らんけど

 

 

偉そうなことを書いている自分も

片付けられないわ、時間は守れないわ、予定を作れないわ、人と仲良くなれないわ

などなど明らかにマイナスの習慣が治せなくて悩んでいた

 

 

もし、これが発達障害なら治療すれば少しはましになるだろうし

何よりできなくても仕方なかったんだ、という言い訳が手に入る

 

そんなやや邪な気持ちで検査を受けてきました

 

発達障害とはなんぞや、自閉症スペクトラムとはなんぞや、WAIS-3とはなんぞや

みたいなことはググれば詳しい説明が書いてあるサイトがたくさんあるので

僕が検査を受けた経緯と結果について書こうと思います

 

 

目次

 

 

検査を受けるきっかけ

 

発達障害の検査を受けようと思ったきっかけは

自分の至らない点が障害なら、すぱっとあきらめもつくし対策もできるだろう、と打算的な判断をしたためであった

 

ネットによくある発達障害診断だと、「発達障害の疑いあり」みたいな結果はよくでてたし

 

自分の特徴として

・時間にルーズ

・片付けられない

・衝動的(計画を作れない)

・対人関係が苦手

・集中できない

などがあったため

 

もしや本当に発達障害なのではないか、だったらきちんと治療がしたい

そう思い立って検査を受けることにした

 

ネットの自己診断は自分は発達障害であるっていう思い込みバイアスがかかってるから、そうなりそうな選択肢を無意識に選んでいる可能性の方が高いから、あてにならんしね笑

 

 

検査を受けるまで

 

 

まあこれは特筆すべきこともなかったんだけど

 

流れとしては

よく行っていた精神科に行って、発達障害の検査を受ける旨を伝えただけ

 

ただ最近は発達障害の検査を受けたいという人がたくさんいるから

予約はいっぱいらしく、だいたい2か月くらいは空きが全然なかったんだけど

1か月以内の人気のない時間帯に運よく予約を取ることができた

 

もし検査を受けることを検討している人がいれば

早めに予約を取ることをおすすめします

 

 

WAIS-3

 

検査はWAIS-3というものらしかった

詳しくはよくわからんのだけど、大人にも使える知能検査らしい

 

 

検査内容は記号を探したり、積木使ったり、カードを使ったりする感じで

 

こんなんで何が測定できるんだろうか、とも思ったけど

実際、診断ができているみたいなので、素人にはわからないチェック項目があったんだと思う

 

この検査は内容を詳しく知ってやると意味がないらしいので

検査を受けるつもりの人はググる前に検査を受けましょう

 

 

時間はだいたい1時間~2時間くらい

検査でいっぱいいっぱいだったから、正確な時間は覚えていない笑

 

かかった正確な費用も忘れてしまった

そんなに高かった記憶もないし、3000円くらいだった気がする

 

 

 

検査結果

まあ詳しい見方はよくわかってないので、各項目が意味していることを知りたい人は

他の詳しく解説しているサイトを読んでいただくとして

とりあえず、診断結果の一例として読んでください

 

WAIS-3の検査結果には平均を100とした

動作性IQと言語性IQってのがあって、この差が大きいと発達障害の可能性が高いらしい

(ちなみに動作性と言語性が何をさしてるのかはわからないw)

 

さらに言語理解、知覚統合、作動記憶、処理速度の4項目があって

それぞれにもIQが測定されている

 

 

当然、個人差はあるんだけど発達障害だと作動記憶が低いことが多いらしい

 

 

自分の結果

言語性IQ22

動作性IQ16

全検査IQ22

 

言語理解:111

知覚統合:103

作動記憶:140

処理速度:137

 

コメントとしては

社会に関する興味が薄いのと目で見た情報を処理するのが苦手

一方で機械的な作業や情報を聞いたまま覚えるのは得意

 

だから

じっくり理解したり考えようとすると、機械的な処理とのギャップで不全感を感じているのかもしれない、とのことだった

 

結論から言えば

僕は発達障害ではなかった笑

 

言語性と動作性の差は小さいし

知覚統合と作動記憶との差は大きいですが、100を下回っているわけでもないので

まあ発達障害ではない可能性が高いでしょう、とのこと

 

もっと調べたいなら

昔の通知表を見たり、親に聞いたりしないといけないけど

まあ、そこら辺を調べたところで発達障害だと診断される気もしない

 

 

検査結果を見ても、こんな感じだと個性の範疇だろうなとも自分でも思う

知覚統合と作動記憶・処理速度の差は大きいけど、これを理由に何らかの障害があるとは結論付けることは無理だと思う

 

 感想

 

発達障害らしき行動をとるようになったのは中学の途中からだったので

自分がそういう行動をとるようになったのは、障害というより精神的に疲れたから

あるいは自制が効かなくなったからなんだろうなと今では思っている

 

 

要は単純に甘えているのだと思う

時間が守れないのも、人間関係が築けないのも、片付けられないのも

 

自分がそれで良いと、自分で自分を許してしまっていて

それで困っても仕方ないとか、なんとかなると思っているからなんだろう

 

 

自分では集中力はないと思っていたが、検査結果的にはむしろ集中力は高い方であることが判明したので

ますますサボってるだけ説が濃厚になってしまった笑

 

自分の行動の言い訳に障害を使おうとしたのも

そういう甘えた心から生まれてきたもので

自分に必要なのは単純な精神の鍛練なのかもしれない

 

 まずは明日から早起きを始めて、洗濯物をこまめにアイロンがけすることから始めてみようと思う

 

おわり 

 

 

おまけ

 

tachibanashi.hatenablog.com

 

以前、これで自分の特性をチェックしたのだけど

情報をそのまま覚えられる記憶力が優れているから収集心の項目が高くなっていたんかね?

 

なんにしても、無駄に記憶力が優れていることがわかったのだけど

これをうまく活用できる方法はないのだろうか

 

人の顔を覚えるのが得意だから、接客とかある意味向いているのかもしれないけど

コミュ力全然ないからなあ

 

何かいい方法探すか…

広告を非表示にする